毎年夏に札幌市教育文化会館がお贈りする演劇の祭典、通称「演フェス」。演劇を見たことがない人でも十分に楽しめる「短編演劇祭」を中心に、未経験者から経験者まで参加できる各種ワークショップも勢ぞろい!

新着情報

2017.02.13 教文演劇フェスティバル2017 WEBサイト プレオープン!

教文短編演劇祭 募集要項

教文演劇フェスティバルでは今年も短編演劇祭を開催します。道内外で活躍する劇団やユニットが集まり、各チームがしのぎを削る2日間!毎年強豪揃いの熱いバトルが繰り広げられ、昨年も予選から大いに盛り上がりました。
決勝戦は昨年優勝「東海連合」がシード参戦!年々全国から注目が集まるこの大会。制限時間は20分。事前審査を経て、予選に進むのは8チーム。優勝者には、応援資金10万円などの特典※が与えられます。
今年はなんと短編演劇祭10周年!テーマは「10」。皆様のご応募をお待ちしております。

※「優勝特典」の項目参照


応募条件
・意欲的な演劇活動をおこなっている団体・個人またはプロデュース集団であること。活動地域は不問。
・札幌市教育文化会館で行う舞台打合せおよびリハーサルに参加可能であること。日程は「開催スケジュール」をご確認ください。
・事務局との連絡事務は円滑に行うこと。
※事前審査通過後に上の条件が満たされない場合、予選審査での減点対象となります。
4月12日(水)15:00までに応募書類一式を提出すること。
※締切厳守
・教文演劇フェスティバルのPRおよびチケット販売に協力すること。
・事前審査で選ばれ、予選出場が決まったチームには参加費として5,000円をお支払いいただきます。
募集作品について
・「10」をテーマとした20分以内のオリジナル作品であること。
・転換に係る時間が数分以内であること。
・舞台はリノリウム敷き(黒)
・照明・音響ともに仕込みは統一プランになります。使用音源は各チームでご手配ください。
・舞台スタッフ(舞台監督、音響、照明)は事務局が手配します。映像等を使用する場合は、団体側でオペレーションスタッフを手配し、必ずリハーサルから同席してください。
・ご応募は一団体(一個人)につき一作品のみ受け付けます。
※応募作品は、必ず短編演劇祭にて上演予定のものをご提出ください。
台本審査通過後の大幅な台本改定は減点の対象となります。
応募方法 応募用紙に必要事項を記入の上、演劇フェスティバル実行委員会事務局宛てにメールもしくは郵送にてご提出ください。応募用紙は教育文化会館HPよりダウンロードしてください。5月の公開台本審査にて、応募の中から予選進出8チームを選出します。

教文演劇フェスティバル2017 「短編演劇祭」 応募用紙ダウンロード

応募に必要な提出物

※ご提出いただいた資料は返却いたしませんのでご注意ください。
台本による審査を希望する場合
 (1)上演台本(データ提出。郵送も可)
 (2)応募用紙(400字程度のあらすじを添える)
 (3)チーム写真(予選出場決定後、広報に使用します/下記どちらか一点)
    デジタルデータ:jpegもしくはPDF形式(500ピクセル×500ピクセル以上)
    アナログ写真:4cm角以上の正方形
開催スケジュール 3月 1日(水) 応募受付開始
4月12日(水) 応募受付締切(15時厳守)
5月中旬     公開台本審査会・即日発表
8月初旬     舞台打合せ予定(教育文化会館小ホール)
8月10日(木)
 〜11日(金) 舞台リハーサル(教育文化会館小ホール)
8月12日(土) 短編演劇祭予選
         (Aチーム14時、Bチーム18時開演予定)
8月13日(日) 短編演劇祭決勝(14時開演予定)
審査方法

台本審査

5月中旬に、公開台本審査会を行います。応募用紙の内容と上演台本を審査します。審査員による投票の結果、予選に進出する上位8団体を決定します。
※ただし、道外の団体(個人含)の予選進出は4枠を上限といたします。ご了承ください。

予 選

8月12日(土)にAブロック4チーム、Bブロック4チームが上演します。各組終了後、審査員による講評を行います。観客投票と審査員票により即日投票・即日開票を行い、各組の最多得票チームが決勝に進出します。また、Bチーム終了後には「ワイルドカード(※)」が決定いたします。
※予選各ブロックで惜しくも2位となった団体のうち、得票率の高い方が復活権を獲得!決勝に進出します。

決 勝

8月13日(日)に、予選を勝ち抜いた2チームと昨年優勝「東海連合」、およびワイルドカードの4チームが上演します。審査方法は予選と同様、優勝団体には豪華特典が与えられます。
採点方法 台本審査では委員会が選んだ数名の審査員による投票(平成28年は一人8点の持ち点)により、予選進出団体を選出します。
予選・決勝は観客投票(一人2票まで)と審査員票(平成28年は一人30票)により、決勝進出団体および優勝団体を決定します。
出場特典 出場チームには……
★チケット売上に応じたキャッシュバック制度!
★会場費、物件料(※)・舞台スタッフ費が全て無料です!
※予選および決勝当日は、教育文化会館内のリハーサル室を用意いたします。
優勝特典

優勝者には、応援資金10万円!

※今後の活動資金として10万円を提供します。優勝団体および個人には、実行委員へ活動報告を行っていただきます。報告は教文HP等で紹介いたします。
・齊藤委員長の手作りチャンピオンベルト授与
・2017年9月開催「劇王アジア大会」出場権(北海道代表)
※道内の出場団体が対象となります。
Find us on Facebook