本文へスキップします。

札幌市教育文化会館ウェブサイト

札幌市教育文化会館公式facebook札幌市教育文化会館公式twitter札幌市教育文化会館公式instagram札幌市教育文化会館公式YouTubeチャンネル

ここから本文です。

主催イベントアーカイブ

人形浄瑠璃文楽

札幌市教育文化会館 大ホール

人形浄瑠璃文楽アーカイブイメージ1昼の部:「生写朝顔話」

人形浄瑠璃文楽アーカイブイメージ2公演前のホワイエにて 竹本碩太夫

人形浄瑠璃文楽アーカイブイメージ3大好評の文楽グッズ販売

昼夜公演ともに、文楽の名作揃いを文楽協会の技芸員が熱演、

多くの観客の方を魅了しました。



昼・夜両公演の解説と、夜の部「日高川入相花王」は

札幌出身の太夫「竹本碩太夫」が出演。札幌では初の大舞台での

披露となり、会場は暖かいムードに包まれました。



ほか、ホワイエスペースで実施した"文楽グッズ販売"

名物文楽せんべいに始まり、ポストカード、手ぬぐいなど、

他では手に入れられないアイテムを多くの方が手に取り、

ご購入してくださいました。




【来場者数】

昼の部:460名

夜の部:465名

人形浄瑠璃文楽イメージ1

人形浄瑠璃文楽

人形浄瑠璃文楽イメージ2

チラシ

人形浄瑠璃文楽イメージ3

出演者・演目あらすじ

日時

2019年10月10日(木) 昼の部 13:30開演(13:00開場) / 夜の部 18:30開演(18:00開場)

入場料

全席指定5,000円(教文ホールメイト、KitaraClub4,500円)、U-25(25歳以下)3,000円

チケット取り扱い

各プレイガイド(詳細参照)

ダウンロード

公演チラシ(うらおもて) (PDFファイル 2.6Mbyte)

お問い合わせ

札幌市教育文化会館 事業課011-271-5822 

詳細情報


人形浄瑠璃文楽公演

日本の代表的な伝統芸能で、ユネスコ世界無形文化遺産にも指定されている
文楽公演を今年も開催。ファンの方も初めての方も歴史ある文楽の世界をごゆっくり
お楽しみください


日 時: 令和元年10月10日(木)
昼の部 13:30開演(13:00開場)
夜の部 18:30開演(18:00開場)

会 場: 札幌市教育文化会館 大ホール

演  目:
昼の部)
解説、「生写朝顔話」明石船別れの段 / 笑い薬の段 / 宿屋の段 / 大井川の段

夜の部)
解説、「ひらかな盛衰記」松右衛門内の段 / 逆櫓の段
    「日高川入相花王」渡し場の段

出演者:
竹本 津駒太夫、竹澤 團七、桐竹勘十郎 ほか
※解説(昼・夜ともに)の配役が以下に変更になりました。
〈変更後〉→竹本碩太夫

○全席指定 5,000円(教文ホールメイト及びKitaraClub会員 4,500円)
○U-25席  3,000円(観劇時25歳以下対象。教文プレイガイドのみ取扱)

※ホールメイト先行受付有り  受付期間:7/21~7/26
ホールメイト入会ご希望の方はお問い合わせください(事業課 011-271-5822)
教文ホールメイトについて

チケット取扱:
◆教文プレイガイド(北1西13 011-271-3355)
◆道新プレイガイド(大通西3道新ビル1階 0570-00-3871)
◆札幌市民交流プラザチケットセンター(北1西1 市民交流プラザ2階 0570-00-3871)
◆チケットぴあ(0570-02-9999 Pコード495-696)
◆ローソンチケット(0570-000-407 Lコード12252)

問い合わせ先:
札幌市教育文化会館 事業係 011-271-5822

主 催:札幌市教育文化会館(札幌市芸術文化財団)、公益財団法人文楽協会
共 催:北海道新聞社
後 援:札幌市、札幌市教育委員会、文化庁
助 成:芸術文化振興基金・朝日新聞文化財団