本文へスキップします。

札幌市教育文化会館ウェブサイト

札幌市教育文化会館公式facebook札幌市教育文化会館公式twitter札幌市教育文化会館公式instagram札幌市教育文化会館公式YouTubeチャンネル

ここから本文です。

札幌市民芸術祭

さっぽろ市民文芸

札幌市民芸術祭では、札幌市民の文芸創作活動を発表する場として作品を募集し、優秀作品を掲載する総合文芸誌「さっぽろ市民文芸」を発行しております。

【受付終了】《さっぽろ市民文芸 第39号掲載作品募集》
札幌市民の文芸創作活動を発表する場として作品を募集し、優秀作品を掲載する総合文芸誌「さっぽろ市民文芸」は今年で第39号を迎えます。応募作品の中から選考を行い、入選作品を「さっぽろ市民文芸第39号」に掲載いたします。特に優れた作品には、「札幌市民芸術祭大賞」「札幌市民芸術祭奨励賞」が贈呈されます。応募要項は、札幌市教育文化会館や市内区役所・区民センター・市内公共施設などで配布しています。皆様のご応募をお待ちしております。

【応募資格】
札幌市民の方ならどなたでも応募できます。※年齢は問いません。

【応募受付期間】
令和4年4月15日(金)~5月31日(火)必着 
※受付は終了しました。たくさんのご応募ありがとうございます。

【応募部門】
1 随筆 2 小説 3 詩4 評論 5 短歌 6 俳句
7 川柳 8 児童文学9 戯曲・脚本

【応募規定】
1 未発表の作品に限ります。
  ◆「未発表」とは公表されていないものをさします。規模の大小にかかわらず他のコンクール、新聞、同人誌、インターネット等に掲載されたものは「発表」とみなします。
  ◆さっぽろ市民文芸第39号発行前に、既発表作品と判明した場合は、受賞及び掲載を取り消します。
2 原稿は、A4判400字詰め原稿用紙(20字×20行)縦書きを使用のうえ、部門ごとの規定に従って提出してください。パソコン、ワープロで原稿を作成する場合も、必ず同様の形式とします。
  ①随筆 5枚以内
  ②小説 40枚以内
  ③詩  60行以内
  ④評論 30枚以内 (文芸評論に限ります。引用は必ず出典を明記してください。)
  ⑤短歌 10首まとめ (題名を必ず記入してください。)
  ⑥俳句 10句まとめ (雑詠。題名を必ず記入してください。)
  ⑦川柳 10句まとめ (雑詠。題名を必ず記入してください。)
  ⑧児童文学 20枚以内
  ⑨戯曲・脚本 50枚以内 (400字詰め原稿用紙3枚以内にあらすじを添えてください。)
  ◆原稿枚数は、題名、あらすじ等を除く本文のみとします。
3 作品受付後の変更または訂正、加筆はできません。
4 複数部門に応募可能です。ただし、1部門につき1作品に限ります。
5 過去にさっぽろ市民文芸で「札幌市民芸術祭大賞」を受賞した方は、受賞時と同一の部門には応募いただけません。
6 応募作品は返却いたしません。必要な方は提出前にコピーをお取りになるか、データをお手元に保管してください。
7 「さっぽろ市民文芸第39号」に掲載された作品の版権は、札幌市民芸術祭実行委員会に帰属し、札幌市民芸術祭事業の広報活動等に使用する場合があります。
8 掲載作品については、選考委員と協議のうえ、事務局で校正する場合があります。
9 選考結果についてのお問い合わせには応じられません。
10 応募規定が守られていない等の不備があった場合は選考の対象外となります。

【応募方法】
1 郵送または持参による受付とします。
2 応募票に必要事項をご記入のうえ、作品に同封してください。
 ◆複数部門に応募する場合は1部門につき1枚、応募票を添付してください。
3 原稿用紙にはページ数を入れてください。また、原稿内に氏名を記入しないでください。
 ◆短歌、俳句、川柳部門は原稿用紙1枚に収めてください。
 ◆パソコン、ワープロで原稿を作成する場合は片面印刷のみとします。(感熱紙不可)
 ◆黒インクまたは黒ボールペンを使用してください。
4 募集要項及び原稿用紙の様式は札幌市民芸術祭ホームページからダウンロードできます。

【選考】
市民文芸部会で「札幌市民芸術祭大賞」「札幌市民芸術祭奨励賞」「優秀」「佳作」の選考を行い、入選作品を「さっぽろ市民文芸第39号」に掲載いたします。選考結果は8月下旬頃、応募者へ通知いたします。

令和4年度選考委員 (市民文芸部会委員 五十音順・敬称略)
随筆/澤田 展人、和田 由美
小説/妹尾雄太郎、谷口 孝男、森山洋子
詩/若宮 明彦、渡会やよひ
評論/中舘 寛隆、吉井よう子 
短歌/内田 弘、仁和 優子
俳句/辰巳奈優美、永野 照子
川柳/岡崎 守、舘林みち代
児童文学/重松 彌佐、三浦 幸司
戯曲・脚本/村松 幹男、森 一生


【応募先・お問合せ】
札幌市民芸術祭実行委員会事務局「さっぽろ市民文芸」係
〒060-0001 札幌市中央区北1条西13丁目 札幌市教育文化会館内
TEL  011-271-5822 FAX 011-271-1916(9:00~17:00 休館日を除く)
ホームページ https://www.kyobun.org/fes
E-Mail saf@kyobun.org

さっぽろ市民文芸第38号(表紙絵:葛西由香)イメージ

さっぽろ市民文芸第38号(表紙絵:葛西由香)

応募受付期間

2022年4月15日 (金) ~ 2022年5月31日 (火) 

市民文芸募集要項・原稿用紙様式 (PDFファイル 935.9kbyte)

お問い合わせ

011-271-5822(札幌市民芸術祭事務局)

「さっぽろ市民文芸第38号」 好評発売中 

税込価格:1,320円

取扱店:教育文化会館1階プレイガイド、紀伊國屋書店、弘栄堂書店アピア店、コーチャンフォー市内各店、三省堂書店札幌店、ジュンク堂書店札幌店、北海道立文学館
(バックナンバーをご希望の方は、事務局までお問い合わせください。)

皆さまの想いが詰まった97作品を掲載しています。
ぜひお手に取ってご覧ください。

「さっぽろ市民文芸」は、1984年(昭和59年)から毎年発行しており、市民の文芸創作・発表の場として親しまれている随筆、小説、詩、評論、短歌、俳句、川柳、児童文学、戯曲・脚本からなる総合文芸誌です。
最新号である第38号は、応募総数288作品から選考された97作品が掲載されます。

【札幌市民芸術祭大賞】
斎藤健「土星の環」(随筆)
坂入隆人「あの岬から」(小説)
原田キヨコ「進化のふしぎ」(児童文学)

【札幌市民芸術祭奨励賞】
iroha「大丈夫!」(随筆)
堤益三「炎の記憶」(随筆)
中瀬清「約束の弁当」(随筆)
近藤ゆみ子「レモンタルト」(小説)
並木えつ子「ホームタウン」(小説)
石田圭太「落巣とホライズン」(詩)
山下朋美「トゥレプの丘」(詩)
大森アヤ子「キタキツネ」(短歌)
石塚危行「農事暦」(俳句)
伊藤哲「コロナの街」(俳句)

令和3年度選考委員 (市民文芸部会委員 五十音順・敬称略)
随筆/澤田 展人、和田 由美
小説/妹尾雄太郎、谷口 孝男、森山洋子
詩/若宮 明彦、渡会やよひ
評論/中舘 寛隆、吉井よう子 
短歌/内田 弘、仁和 優子
俳句/小西 龍馬、永野 照子
川柳/岡崎 守、舘林みち代
児童文学/重松 彌佐、三浦 幸司
戯曲・脚本/村松 幹男、森 一生