本文へスキップします。

札幌市教育文化会館ウェブサイト

札幌市教育文化会館公式facebook札幌市教育文化会館公式twitter札幌市教育文化会館公式instagram札幌市教育文化会館公式YouTubeチャンネル

ここから本文です。

札幌市民芸術祭

さっぽろ市民文芸

「さっぽろ市民文芸第37号」が11月1日(日)より発売となりました!
皆さまの想いが詰まった88作品を掲載しています。
ぜひお手に取ってご覧ください。

※11月28日(土)に開催を予定しておりました「さっぽろ市民文芸の集い」は、新型コロナウイルス感染拡大予防のため、中止となりました。

さっぽろ市民文芸第37号(表紙絵:石田 眞理子)イメージ

さっぽろ市民文芸第37号(表紙絵:石田 眞理子)

会期

2020/11/28 (土) 

会場

札幌市教育文化会館

入場料

無料

お問い合わせ

011-271-5822(札幌市民芸術祭事務局)

「さっぽろ市民文芸」は、1984年(昭和59年)から毎年発行しており、市民の文芸創作・発表の場として親しまれている随筆、小説、詩、評論、短歌、俳句、川柳、児童文学、戯曲・脚本からなる総合文芸誌です。
最新号である第37号は、応募総数245作品から選考された88作品が掲載されました。
今年度刊行いたしました「さっぽろ市民文芸」第37号は、市内各書店で発売しています。

定価:本体価格1,200円+税
取扱店:教育文化会館1階プレイガイド、紀伊國屋書店、弘栄堂書店アピア店、コーチャンフォー市内各店、三省堂書店札幌店、ジュンク堂書店札幌店、北海道立文学館
バックナンバーをご希望の方は、事務局までお問い合わせください。

【札幌市民芸術祭大賞】

川瀬 潔「母の編んでくれた手袋」(随筆)
木宮 節子「濃厚接触」(短歌)
【札幌市民芸術祭奨励賞】
石井 としえ「百人一首」(随筆)
中瀬 清「見えなくなった海」(随筆)
渡辺 碧水「レール音の残響」(随筆)
橘 かのん「長丁場 雨のちくもり」(小説)
根区枢人「絮ハ雪ノ如シ」(小説)
笹森美帆「夜明けに歌う胡桃の樹」(詩)
坂倉 惠美子「サハリンの風」(短歌)
西村 山憧「木の芽どき」(俳句)
落合 魯忠「オンコリンカス(サケ・マス)的生涯」(川柳)

令和2年度選考委員 (市民文芸部会委員 五十音順・敬称略)
随筆/澤田 展人、和田 由美
小説/妹尾雄太郎、谷口 孝男、森山洋子
/若宮 明彦、渡会やよひ
評論/中舘 寛隆、吉井よう子 
短歌/内田 弘、仁和 優子
俳句/小西 龍馬、永野 照子
川柳/岡崎 守、舘林みち代
児童文学/重松 彌佐、三浦 幸司
戯曲・脚本/村松 幹男、森 一生